Menu

上部内視鏡

上部内視鏡とは

内視鏡検査は検査する部位により、種類が分かれます。
上部消化管内視鏡検査では、上部消化管(食道、胃、十二指腸)に口(経口内視鏡)または鼻(経鼻内視鏡)から内視鏡を挿入し、内側を覆う粘膜の様子を観察します。

このような方に胃内視鏡検査をお受けになることをお勧めします

  • 胃に何となく違和感がある
  • ときどき、みぞおちが痛い
  • 胸焼け、ゲップ、胃もたれがする
  • 食事のときに胸のつかえる感じがある
  • 便の色が黒っぽい
  • 食欲がなくなった
  • 体重が減っている
  • 血液検査で貧血がある
  • 健診の胃のバリウム検査で異常を指摘されたことがある
  • 血縁者の中に胃がんにかかった人がいる

経鼻内視鏡(胃内視鏡)

経鼻内視鏡検査とは、鼻から細いカメラを挿入して食道・胃・十二指腸を観察する上部消化管内視鏡検査です。内視鏡を口からではなく鼻から入れて、比較的楽に検査を受けることが可能です。

詳しくはこちら

  • オンライン診療(遠隔診療)
  • ドクターズファイル

クリニック案内

西白井駅より徒歩9分

〒270-1431
千葉県白井市根1970-1-2

アクセス詳細を見る

 
午前 ×
午後 ×

午前…9:00〜12:00
午後…15:00〜18:00
※予約検査のみ
休診…木曜、土曜午後、日祝