Menu

当院のご案内

当院では、一般内科消化器内科(上部・下部内視鏡)を
専門とした治療を行っております
また、日帰りポリープ切除も行っております

クリニックの特徴

1. 迅速で痛みの少ない、かつ見落としのない内視鏡検査を目指します。

当院は最新式の上部内視鏡(胃カメラ)と下部内視鏡(大腸カメラ)を完備しております。

胃カメラは細い経鼻内視鏡を採用し、できる限り楽な検査を心がけます。
鼻からの挿入が難しい方でも、この細径経鼻内視鏡を口から挿入することにより楽な検査が受けられます。

これまで経鼻内視鏡は画質がやや悪いのが欠点でしたが、当院はFUJINON社製のレーザー光源搭載の次世代型内視鏡システム(LASEREO)を採用しており、極めて繊細かつ綺麗な画像で病変の確認を行います。これにより、通常の内視鏡では見落としがちな微小な早期癌の発見が可能になります。

また、大腸カメラは当院の院長が最も得意とする分野の一つです。院長の大腸カメラ通算検査件数は2万件を超えており、他院にて挿入困難・不能の患者さんをこれまで数多く施行してきました。通常の患者さんの盲腸までの平均到達時間は2~3分で、かつ患者さんの9割は鎮痛剤・鎮静剤の使用は必要ありません。これは大量の鎮痛剤や鎮静剤を使用し、ほぼ眠った状態で検査をする医療機関とは発想が根本的に異なります。

しかしそうは言っても、検査が初めてで不安が強い、あるいは前回の検査が非常に辛かったためトラウマになっているという方もいると思います。そういう方にはご相談の上、鎮静剤・鎮痛剤を使用します。

当院では鎮静剤・鎮痛剤を使用する場合は、内視鏡室のスタッフ数を増やしており、血中酸素飽和度をリアルタイムで測定するとともに、モニター管理しながら患者さんの状態把握を行っております。さらに万一に備え、救急処置ができるように万全の準備をして鎮静を行っております。当院の院長は内視鏡だけでなく、外科医として数多くの手術管理や麻酔・救急医学も学んできましたので、救急処置にも対応できます。鎮静剤・鎮痛剤を御希望の方は遠慮なく仰って下さい。

当院の特徴として通常の細径大腸カメラよりもさらに細い内視鏡を採用している点があげられます。細い大腸カメラは上手く使えば腸に与える負担が少ないのですが、その細さゆえに挿入時に腸が伸びてしまう(ループになって痛みを誘発してしまう)ことも多く、細径内視鏡を的確に使いこなすには実はかなりの修練が必要です。

さらに、大腸カメラの際に使用する空気にも当院はこだわっています。通常は大腸カメラの先端から空気を出し、腸をある程度ふくらますことにより粘膜面を観察します(そうしないと腸がぺしゃんこで観察が不十分になってしまうのです)が、当院では二酸化炭素送気装置を用いて、大腸カメラの先端から空気の代わりに二酸化炭素を用いて腸を膨らまして観察を行います。この利点としては、二酸化炭素は空気の約100倍のスピードで体内に吸収されるので、検査後の腹部膨満感が格段に軽くなる点があげられます。

また当然のことながら、当院では内視鏡の洗浄にはすべて自動洗浄機を用い洗浄記録管理ソフトと連携しながら、ガイドラインに即した洗浄法にて感染防御を行っていきます。当院は上記の機器をすべて揃えており、患者さんの苦痛を最大限取り除くことを目的とし、迅速でかつ見落としの少ない検査を目指していきます。

2. 当院は最新式の超音波装置を用い、消化器疾患の早期発見に努めます。

当院では2015年の夏に発売されたばかりのLOGIQ P7という新機種を導入しました。

この最新式超音波装置は従来のものに比べ、より鮮明かつシャープな画像をリアルタイムで得ることができます。肝臓、膵臓、胆嚢、腎臓、脾臓はもとより、前立腺や甲状腺、女性の方の乳腺(乳がん検診)にも対応できます。

3. 日帰りポリープ切除術に対応できます。

当院の院長はこれまで約3千件の内視鏡治療経験があります。
外来で治療可能なポリープは患者さんと相談の上、日帰り手術を行います。

ポリープ切除を行う際の高周波装置(電気メス)はERBE社のVIO200Sという高性能機種を導入しました。この機種は安定した切開・止血力があり、内視鏡治療モードを数多く内臓しております。本機種をクリニックで導入していることころは少なく、大学・センター病院レベルの内視鏡治療が当院で可能となります。

詳しくはこちら

4. 切らずに治す痔(いぼ痔)治療も可能です。

当院の院長は大腸肛門病学会専門医でかつ外科専門医のため、痔の治療も数多く行って参りました。

当院では、切らずに治す痔の治療(ジオン注やパオスクレー注)に対応しております。特にジオン(ALTA)注は、肛門疾患の治療経験が豊富でかつ所定の講習会を受講した医師でなければ使用許可が下りないのですが、当院では院長が資格を満たしておりますので使用可能です。いぼ痔でお困りの方はぜひ御相談下さい。

詳しくはこちら

プライマリケア(初期治療)

当院は内科・消化器以外の一般的な疾患のプライマリケア(初期治療)にも対応できます。
特に、小児科、整形外科、耳鼻科、皮膚科、泌尿器科、心療内科を受診するかどうか悩んでいる、あるいはいつもかかっている専門病院・医院がたまたま休診のことがあると思います。そんな時はぜひ当院をご利用下さい。

当院の院長は消化器専門ではありますが、一般的な疾患に関してはこれまで多くの救急&外来患者さんを診てきた経験から、適切な初期治療を行うことができます(院長は高度な救急的判断が必要とされる船橋市ドクターカーの同乗医師も務めておりました)。
診察の結果、より専門的な診断・医療が必要と判断した場合は、連携病院・医院の各専門医をご紹介致しますのでご安心下さい。

当院の様子

  • 外観外観
  • 受付受付
  • 院内風景1院内風景1
  • 院内風景2院内風景2
  • 診察室診察室
  • 処置室処置室
  • レントゲン室レントゲン室
  • 内視鏡室内視鏡室

医療設備

  • 内視鏡システム

    内視鏡システム

  • エコー

    エコー

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前…9:00〜12:00
午後…15:00〜18:00
※水曜午後、土曜午後は予約検査のみ

休診…木曜、土曜午後、日祝

  • オンライン診療(遠隔診療)
  • ドクターズファイル

クリニック案内

西白井駅より徒歩9分

〒270-1431
千葉県白井市根1970-1-2

アクセス詳細を見る

 
午前 ×
午後 ×

午前…9:00〜12:00
午後…15:00〜18:00
※予約検査のみ
休診…木曜、土曜午後、日祝